平成27年8月から介護保険の利用者負担の見直しが行われました

平成27年8月から介護保険の利用者負担の見直しが行われました。
 ①一定以上所得がある方の利用者負担の見直し
  65歳以上の方で介護サービスを利用した際の負担1割が、一定以上の所得がある方については2割に引
 き上げられます。
 ②高額介護サービス費の見直し
  医療保険の現役並み所得に相当する人がいる世帯について、利用者負担上限額が月額37,200円から月  額44,400円へ引き上げられます。
 ③補足給付(施設入所、ショートステイの食費、居住費の軽減制度)要件の見直し
  特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の施設入所及び短期入所利用者のうち、低所得者の方へ食   費・居住費を補助する「補足給付」の支給要件が変更になります。
 *本人及び配偶者の預貯金等の資産が勘案され、単身では1,000万円、夫婦の場合は2,000万円以下でな   ければ補足給付はされません。平成28年8月からは遺族年金は障害年金等の非課税年金額も含め判定され  る予定です。

平成27年度から平成29年度の介護保険料について
 高齢化の進展に伴うサービス利用者数の増加等により、第1号被保険者(65歳以上の被保険者)の保険料がこれまでの月額5,200円から、5,729円となります(個人の実際支払う保険料については、本人の課税状況や所得状況等に基づく保険料の段階設定により負担額が異なります)。また、負担能力に応じた保険料段階設定のため、合計所得金額が300万円を超える方の段階設定は細分化されました。
 ただし、低所得者への配慮から第1段階(生活保護受給者や市町村民税非課税の方等)の方は保険料が0.45%から0.4%へと引き下げられ、生活困窮者に対する保険料軽減制度はこれまで同様継続されています。  

成年後見に戻る  |